Research Project #1

1. 真核系人工リボスイッチの開発

Eukaryotic Artificial Riboswitches

 『リボスイッチ』は、主に原核生物mRNAの非翻訳領域に存在する、分子応答性の遺伝子発現制御RNAです。特定の分子がリボスイッチに結合すると、mRNAの構造変化が起こり、遺伝子発現を抑制(あるいは促進)する仕組みで働きます。しかし、真核生物におけるリボスイッチの発見例は殆どない上に、原核生物のものも含めて、天然に存在するリボスイッチが応答する分子は限られています。

 そこで当研究室では、望んだ分子に対して応答する『真核系リボスイッチ』(真核生物系で働くリボスイッチ)を”合理的”に「創る」研究を行っています。既に、数種類の真核系リボスイッチおよびその合理設計法の開発に成功していますが(一部は特許申請済み)、現在は、さらなる効率化、拡張化に向けて研究を行っています。

 また、『原核系リボスイッチ』(原核生物系で働くリボスイッチ)についても、合理設計法の開発に取り組んでいます。
シアノバクテリアでのリボスイッチ応用など、共同研究実績もありますので、共同研究にてリボスイッチ設計をご希望の方は、お気軽にご連絡ください。)


(図:当研究室で開発した真核系リボスイッチの例)
RNA 2011, 17, 478.)

研究全般のページにもどる

 

"Making the simple complicated is commonplace; making the complicated simple, awesomely simple, that's creativity"
- Charles Mingus