Members

Principal Investigator

Associate Professor

Atsushi Ogawa(小川 敦司)

 京都大学工学部にて化学を専攻。卒業研究では、主に有機合成実験を行った。卒業後は同大学大学院工学研究科に進学し、前期課程では、有機化学反応などの軌道相互作用を解析する理論研究に従事。後期課程では、生体分子の分子進化法の開発研究に取り組んだ。
 博士号を取得後は、理化学研究所に勤務し、基礎科学特別研究員として、機能性核酸を基盤としたバイオセンサーを数種類開発した。その後、愛媛大学にて独立し、『無細胞系』を活用して、新しいバイオテクノロジーを「創る」研究に勤しんでいる。

Lab Students

Graduate Student [M2]

Tsubasa Ota(太田 翼)

修論研究テーマ(関連研究プロジェクト)

「(1)真核系リボスイッチの開発

小川研究室について一言

「自ら考え行動できる力が身につく研究室です。多岐にわたる生命システムについて試行錯誤を重ね、”創る”研究を行うことが非常に楽しいです。」

Graduate Student [M2]

Masashi Takamatsu(高松 将史)

修論研究テーマ(関連研究プロジェクト)

「(6)RNAの安定化・機能活性化

小川研究室について一言

「研究に関する知識以外にも多くを学ぶことが出来る上に、「理解をする事」の大切さを感じます。また、少人数ならではの良さがあります。」

Graduate Student [M1]

Hajime Takahashi(煖エ 萌)

修論研究テーマ(関連研究プロジェクト)

「(7)擬似細胞バイオセンサーの開発

小川研究室について一言

「当研究室は、知識を深めるための環境が充実しており、学ぶことの楽しさ・大切さを改めて知ることができます。」

Undergraduate Student [B4]

Yu Itoh(伊藤 優)

卒論研究テーマ(関連研究プロジェクト)

「(8)人工アプタマーの創製

小川研究室について一言

「真面目に勉強できる環境が整っており、わからないことがあれば先生&先輩に気軽に相談できるため、理解しながら実験を進められます。」

Undergraduate Student [B4]

Yoshiko Hatta(八田 佳子)

卒論研究テーマ(関連研究プロジェクト)

「(8)人工アプタマーの創製

小川研究室について一言

「研究室のメンバーとディスカッションしながら日々楽しく実験しています。logicalな思考力が身につきます。」

Lab Alumni

卒業生の進路先

【就職】
ベルグアース、エスセル・クリエイツ、マイクロンメモリジャパン、県庁、福助工業、三浦工業、伊方サービス、中国銀行など

【進学】
愛媛大学大学院、神戸大学大学院、岡山大学大学院、東北大学大学院など

 

"Making the simple complicated is commonplace; making the complicated simple, awesomely simple, that's creativity"
- Charles Mingus