TOPICS詳細

TOPICS一覧へ戻る

研究 バイオイメージング部門

2018年07月27日(金)

プロテオサイエンスセンター・バイオイメージング部門 飯村忠浩教授が、第37回日本骨代謝学会学術賞を受賞しました【7月27日(金)】

平成30年7月26日(木)〜28日(土)に長崎ブリックホール(長崎市)で開催された第37回日本骨代謝学会学術集会で、プロテオサイエンスセンター・バイオイメージング部門 飯村忠浩教授が、学術賞を受賞しました。

学術賞は、骨代謝に関する優れた研究を行った55歳未満の研究者に授与されます。また、原則として、基礎系、内科臨床系、外科・歯科臨床系から各1名が選出され、飯村教授は基礎系としての受賞です。今回受賞した研究タイトルは、「骨 Ontogenyの学際的理解の追求」で、これまでの多大な研究成果に対する功績が称えられました。

  • 学会会場の前で記念撮影 (優秀演題賞を受賞した医学系研究科大学院生の田中智哉さん(右)とダブル受賞!)

    学会会場の前で記念撮影 (優秀演題賞を受賞した医学系研究科大学院生の田中智哉さん(右)とダブル受賞!)

  • 学術賞 賞状

    学術賞 賞状