住所

〒790-8577  愛媛県松山市文京町3 
愛媛大学プロテオサイエンスセンター

電話 
E-mail

 (@は画像です)


共同研究などの申し込みについて

 
プロテオ創薬科学部門ではプロテオサイエンスセンターおよび大学内/外の研究者と広く共同研究を行っています。我々が参画している研究支援プロジェクトや、プロテオサイエンスセンターによるスクリーニング助成制度もありますので、まずはメールにてご連絡ください。
 
また、国内外の企業との産学連携も積極的に行っています。プロテオ創薬科学部門ではコンサルテーションや共同研究をお受けしています。また、竹田が兼任教員を務めている愛媛大学 学術支援センター 応用タンパク質研究部門において受託研究(タンパク質合成・精製試験、血清抗体価スクリーニング)を実施しています。
 

プロテオ創薬科学部門で受け入れ可能な研究テーマ

  創薬ターゲット探索
プロテオサイエンスセンターのプロテインアレイを用いたタンパク質相互作用解析。
基質探索、パートナータンパク質探索
 
  薬剤スクリーニング
東京大学創薬機構(http://www.ddi.u-tokyo.ac.jp/)が提供する化合物ライブラリを受け入れ、本学のスクリーニング設備を用いてスクリーニングを実施することができます。アッセイ系構築も応相談。

アッセイ系構築、化合物ライブラリ1次スクリーニング、バリデーション(タイトレーション)アッセイ
  
  抗膜タンパク質抗体開発支援
膜タンパク質大量合成、抗体作成のための支援を実施しています。

免疫抗原調製、スクリーニング抗原調製、抗体スクリーニング

現在、免疫及び抗体作製は当研究室では実施しておりません。依頼者ご自身に免疫のノウハウがない場合は、実績のある受託業者をご紹介しております。

 
 プロテオ創薬
プロテオサイエンスセンターのプロテインアレイ(2万4千種ヒトプロテインアレイ、プロテインキナーゼ・転写因子・E3リガーゼなどの各種フォーカスドアレイ)を用いた相互作用解析。(タンパク質間、タンパク-核酸間)(タンパク-化合物間に関しては開発中)
パートナー探索・薬剤ターゲット同定・オフターゲット同定