イベント情報詳細

イベント一覧へ戻る

学会・セミナー 

2018年12月21日(金)

PROSセミナー&大学院特別講義を開催します【12月21日(金)】

 プロテオサイエンスセンター 無細胞生命科学部門主催のPROSセミナーを開催します。今回はお二方よりご講演いただきます。多くの皆さまのご来場を心よりお待ちしております。
・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。

講演1
【講演タイトル】
メタオミクス解析から明らかになった微生物による植物分解

【講演者】
北海道大学工学研究院応用化学部門 助教 堀 千明 先生  
http://labs.eng.hokudai.ac.jp/labo/seika/

【要旨】
食材として親しまれているキノコですが、キノコなどの糸状菌は木材腐朽菌と呼ばれ、植物を効率的に分解することができる稀な性質を持っています。最近では、このような腐朽菌は植物の進化に伴い、その分解能力を進化させてきたことが明らかとなってきました。植物は地表上にもっとも多い炭素源として存在しており、地球規模の炭素循環において腐朽菌は重要な役割を果たしていると予想されます。また近年、キノコの分解・変換能力を木質バイオマスからの高付加価値な化成品への生産プロセスに利用することが期待されており、キノコは応用面でも興味深い生物です。我々は、木材腐朽菌が生産する植物成分の分解酵素をゲノム解読をもとにしたオミクス解析により明らかにしてきました。

これまで植物分解に関わる酵素に関しては、単離した菌を対象として実験室内条件では無数の報告がなされてきました。しかし、実際の環境下で植物分解がどのような生物種がどのような酵素で分解しているのかの全体像についてはほとんど明らかにされていませんでした。最近になって多数の菌類のゲノム情報が蓄積され、マルチメタ解析を行うのに十分なプラットフォームが構築されつつあります。そこで、環境中から採取した松を対象としてメタゲノム・メタトランスクリプトーム・メタプロテオーム解析を行ったところ、木材腐朽菌が重要な働きをしていることが明らかになりました。本講演では環境下での多数の生物相互作用によって適切に選抜された植物を分解する菌や酵素について解説します。

アメリカ・ロッキー山脈にて採取した松(茶色い部分は菌によって分解されている)赤線:1cm

講演2
【講演タイトル】
昆虫共生細菌の高植物バイオマス分解能力の探索とその利用

【講演者】
北海道大学農学研究院連携部門 助教 高須賀 太一 先生   
http://lab.agr.hokudai.ac.jp/takasuka/index.html

【要旨】
陸上最大のバイオマスである植物バイオマスは、化石燃料の代替資源の1つとして注目されており、その利用技術の確立は持続的な人間・環境社会を営む上で解決していかなければならない重要な課題である。しかしながら、植物バイオマスの構成成分は、結晶性セルロース、非常に多様な糖から成る高分子ヘミセルロースやリグニン等から複雑な高次構造を形成しており、酵素を用いた分解プロセスが律速となっている。

一方で、自然界においては微生物による効率的な木質バイオマスの分解が知られており、それら微生物による木質の主要成分の分解メカニズムの理解を通した、植物バイオマス利用への実現が期待される。高須賀グループは、これまで植物バイオマスの効率的な分解の実学化を達成するため、「糖質分解酵素の新規機能について着目した研究」と「環境微生物(特に森林食害性昆虫共生細菌)の探索から新しい植物バイオマス分解性細菌を見出す」という2つの観点で研究を行ってきた。本研究発表では、以下のテーマについて報告する。

テーマ1)多機能性セルラーゼの発見とその酵素を配列アンカーとして用いた分子進化系統樹解析および ~240種の糖質分解酵素を対象とした多検体酵素発現・機能解析の結果と今後の展望について

テーマ2)高セルロース分解性放線菌の単離と植物バイオマス分解に関わる分泌酵素の同定・機能解析および植物バイオマス分解酵素の発現を制御する転写制御機構の解明について


【12月21日(金)開催】無細胞生命科学部門主催 PROSセミナー&大学院特別講義ポスター

  • 【12月21日(金)開催】無細胞生命科学部門主催 PROSセミナー&大学院特別講義ポスター

    【12月21日(金)開催】無細胞生命科学部門主催 PROSセミナー&大学院特別講義ポスター