イベント情報詳細

イベント一覧へ戻る

【学会・セミナー】 生体超分子研究部門

2017年11月14日(火)18:00理学部 総合研究棟1 大会議室(6階)

PROSセミナー&大学院特別講義を開催しました

プロテオサイエンスセンター 生体超分子研究部門主催 のPROSセミナーを開催いたしました。多くの皆さまのご来場、心よりお礼申し上げます。



・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。

【演題】 
クロロフィルの化学 / Chlorophyll Chemistry



【講演者】
立命館大学大学院 生命科学研究科 教授 民秋 均 (たみあき ひとし)先生



【要旨】
クロロフィルは光合成器官で見出される色素分子であり、光収穫アンテナ部では、太陽光を効率よく吸収し、その励起エネルギーを高速で伝達する役割を、反応中心部では、超高速・高効率で電荷分離を行う役割を果たしています。今回の講演では、クロロフィル分子の構造と機能について、天然系とモデル系を用いて、判りやすくお話しいただきます。



Chlorophylls (Chls) are found in photosynthetic apparatuses. Chl and bacteriochlorophyll (BChl) molecules absorb sunlight and the excited energy is migrated efficiently and rapidly among these pigments in light-harvesting antenna systems. The light energy is finally transferred to (B)Chls in a reaction center, where charge separation occurs between specific (B)Chl molecules. These naturally occurring pigments have intense absorption bands in a wide range of visible regions and some of them absorb near-infrared lights intheir monomeric states as well as aggregates with J-type fashions. Their electronic absorption spectra in a solution are dependent on the peripheral substituents. Their optical properties are discussed from the viewpoint of molecular structures including composite π-skeletons.

資料1